講師

 

三村奈々恵 Nanae Mimura(マリンバ&ヴィブラフォン奏者)

 

国立音楽大学打楽器専攻を首席卒業後、渡米。ボストン音楽院にて修士号を取得し、バークリー音楽院で講師を務める。学生時代より、その卓越したテクニックと詩情豊かなサウンドが評価され、史上3人目の「アロージ賞」(スイス)を受賞する等国際コンクールで優勝を重ねる。また、国際的若手アーティストの登竜門とされるニューヨークの「コンサート・アーティスト・ギルド・コンペティション」ではソロで最高賞を獲得。特にマリンバ・ソロとしては初の受賞者となった。その後、ニューヨークの「カーネギー・ホール」でデビュー・リサイタルを行い、一躍、世界に名を広めた。

演奏活動は、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中南米等、世界をまたにかけ21ヶ国に及ぶ。マリンバが国家象徴に定められたグァテマラでは、過去4回の招聘で国立オーケストラとの共演も果たし、2001年には「グァテマラ・マリンバ協会」より初の名誉会員(第1号)に任命される。クラシックからポップスや民俗音楽までジャンルを越えて幅広く活動を行っている。2016年12月にリリースした最新アルバム「マリンバ・クリスタル-祈り-」を含め、これまでにアルバムを4枚リリースしている。

近年では、作曲家吉松隆氏にマリンバ協奏曲《バード・リズミクス》を委嘱し、2010年11月、飯森範親氏指揮、京都市交響楽団と世界初演、これまでに山形交響楽団(2011年・飯森範親氏指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団(2011年・藤岡幸夫氏指揮、2016年・鈴木優人氏指揮)、東京交響楽団(2015年・飯森範親氏指揮)と再演している。2014年4月には日本コロムビア(DENON)より、同曲を山形交響楽団と共演したライブ録音がCD発売された。また、2013年「ラテン・アメリカ・マリンバ・コンクール」(メキシコ)、「ユニバーサル・マリンバ・コンクール&フェスティバル in ベルギー」、2016年7月「第3回イタリア国際打楽器フェスティバル&コンクール」、2019年2月「第1回タイ国際打楽器コンクール」において審査員を務めた他、「パーカッション・フレンズ室内音楽アカデミー2013/14 in アムステルダム」や「ゼルツマン・マリンバ・フェスティバル」(アメリカ、日本)にて定期的に講師を務める等、後進の指導にも積極的に力を注いでいる。国内では2015年より「八ヶ岳国際マリンバ・キャンプ」を主宰。
アメリカ・アンコール社より三村奈々恵モデルのマレットが開発・発売されている。ヤマハアーティスト。

http://www.nanaemimura.com/

 

​ティーチング・アシスタント

鈴木和徳 Kazunori Suzuki(パーカッション奏者)

 

青森県八戸市出身。洗足学園音楽大学卒業。

2004年、2005年、槇原敬之セレブレーションコンサートツアーにコーラス、バテリア兼指導で参加。2010年、韓国で開催されたInternational Percussion Festival in Seoul、2011年、台湾で開催されたTaipei International Percussion Conventionに参加。教育機関の文化芸術の発展にも務め、文化庁からの派遣事業や年間100回以上の芸術鑑賞会をこなしている。
岡田知之打楽器合奏団団員。Percussion Performance Players(PPP)、太鼓侍、各メンバー。

 
 
 
 

© 2020 by Yatsugatake International Marimba Camp